ENGLISH | 日本語
Home / Projects / Current / 断食芸人 A HUNGER ARTIST

断食芸人 A HUNGER ARTIST

"「カフカを読む、カフカを謡う、カフカを想う」カフカトリビュート - 西岡兄妹『カフカ』を中心に" 参加作品

 

2013.5.24 (金) 20:00
2013.5.25 (土) 16:00 ※ 西岡智さん(西岡兄妹)とのポストパフォーマンストーク
2013.5.26 (日) 16:00

羊屋白玉×スカンク
著: フランツ・カフカ
訳: 池内紀
構成・作画: 西岡兄妹

「つまり、わたしは、自分にあった食べ物を見つけることができなかった」
断食芸人。命を賭した、愛と食欲のものがたり。 
- 羊屋白玉、スカンク (2013.5.5)

会場

parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11 / TEL: 03-5835-1180

チケット

前売・予約: 2,000円 / 当日: 2,300円
予約フォーム

スタッフ

演出・出演: 羊屋白玉
音楽:  SKANK/スカンク (Nibroll)
照明: 岡野昌代 (Picoler)
美術: サカタアキコ (Diet Chicken)
衣装: いいじままゆみ
舞台監督: 糸山義則 (SCN)
制作: 糸山裕子、王丸あすか (AMCF)

スカンク / SKANK
ダンス、映像、音楽、美術などメディアミックスな活動をする集団"NIBROLL"の音楽家であり自身のバンド"MEXI"ではギターを担当し形態を定めず都内ライブハウス、ギャラリーなどで活動している。また1本弦の創作ギターを6人のギタリストによって演奏する"SSS,T (Six String Sonics, The 文化庁メディア芸術祭受賞) に参加するなど多くのミュージシャンとも積極的にセッションしている。

また大橋可也、木佐貫邦子、黒沢美香、白井剛、室伏鴻、山田せつ子など国内外で多くの身体表現の舞台に楽曲の提供、演奏をしている。丹野賢一の作品「026-METAL」では公演が行われた滋賀県に長期滞在し、現地ワークショップにより野外に設置された美術家の石川雷太デザインによる舞台美術である大量の金属を使用し公演音楽とするメタルパーカッションチームの指揮をする。2007年には美術家、映像作家と共に「言葉」をテーマとした共同プロジェクト "Words Factory" に音で参加。2008年にはナショナルジオグラフィックプレゼンツ「アフリカ希望の大地」写真展で映像作家の高橋啓祐 (NIBROLL)とインスタレーションの制作や山口和也(美術家/写真家)との子供参加型のセッションなど他ジャンルのアーティストとも積極的にセッションしている。

2008年にはヘッドフォンを18個使用するインスタレーションの発表、シリーズのスタート。2010年より指輪ホテル「洪水 - massive water」「雌鹿 DOE」の音楽を担当。「洪水 - massive water」ではパフォーマーとして出演もするなど活動の幅を広げている。

他に2007~10まで循環プロジェクト (エイブルアート参加事業) にて障がいがある人たちを対象としたワークショップで音楽のナビゲーターを務めている。

Contact SKANK: gaskank_5000@i.softbank.jp / 090-1041-0504

ポストパフォーマンストーク

『変身と断食芸人』―ヒトが食べるということ
西岡智(西岡兄妹)さんとともに 2013.5.25

権力は剥き出しの暴力に姿を変え、経済は身体を持たない亡霊のようなものになった。
しかし「食べること」が現代においてもなお、重要なテーマであることには変わりない。
わたしたちが「食べ続ける」かぎり。
(西岡智氏のあとがきより)

西岡兄妹
西岡兄妹「カフカ」原画展示
2013.5.22 (水) – 6.17 (月)
月-金: 13:00-20:00 / 土日祝: 12:00-19:00
入場料: 500円

羊屋白玉×スカンク×西岡智
新宿界隈で逢い引き。2013.5.3

主催

指輪ホテル / YUBIWA Hotel

共催

parabolica-bis [パラボリカ・ビス]

協力

公益財団法人 セゾン文化財団

 

お問い合わせ

指輪ホテル Mail:contact@yubiwahotel.com / twitter / facebook

parabolica-bis [パラボリカ・ビス] TEL: 03-5835-1180